Wi-Fiと光回線それぞれの良さ

光回線と通常のWi-Fiとの違いが何なのかご存知でしょうか。インターネットの通信会社が違うだけでほとんど同じだろうと思っている方もいますが、実際にはどちらもインターネット接続の流れが違います。したがって、光回線を用いた接続とWi-Fi単体での接続ではインターネット接続の速度が違う場合があるのです。

ここを気にせず購入してしまうと、後からこちらの方が自分の場合は便利に使えたと後悔することにもつながる可能性があります。便利にインターネット接続を行うためにも購入する前に、この光回線を使ったインターネット接続方法と持ち運びできるWi-Fiの接続の違いを頭に入れておくと良いでしょう。

光回線ということで、この方法でのインターネット接続は有線LANでないといけないと考えがちです。しかし、実際にはインターネットを利用するのに欠かせない電波を光ファイバーに通して受信しているため、その受信したものをインターネット接続したい機器に繋げる時には無線のルーターでも接続可能になります。したがって、具体的にどのような流れで接続できるのかも知っておきましょう。

光回線安定の理由とは

Wi-Fi持ち歩きできるのがメリットの1つであるWi-Fiと比べて、光回線は通信速度が安定していると言われています。では光回線はなぜ安定してインターネット接続しやすいとされているのでしょうか。その答えは光回線でのインターネット接続の流れにあります。光回線がインターネット接続をできるようにしたい場所に回線を引いて使えるようになります。

この回線で受信したものが接続に利用されるのですが、持ち運び可能なWi-Fiとは違い、回線を通しての受信となるため無線での受信と比べると、発信された電波への干渉が少ないと言えるでしょう。このような仕組みで光回線でのインターネット接続が行われているために、通信が安定しているとされています。

反対に単体でパソコンなどの機器に接続できるWi-Fiの場合は、回線を用いて受信するわけではありません。持ち歩けるタイプのWi-Fiをモバイルルーターとも呼びますが、このタイプのものは電波を発信している会社の電波をルーターで受信してタブレットやパソコンなどの機器でのインターネット接続を可能にしています。

この方法は、その時の通信状況によってインターネットへのつながりの具合がことなるため、使っている人の混み具合になどによって遅くなる可能性もあります。また、無線での通信となると、他の機器からの干渉が原因となって繋がりにくくなるため、安定してつなぎたいのであれば光回線が良いと言えるでしょう。

光回線は工事が必要

光回線が単体で使えると認識している方も少なくありません。しかし、この光回線を用いてインターネット接続をしたいのであれば、工事をして回線を引いてもらう必要があるのです。通信の状態が比較的に安定しているとされる光回線は、業者に頼んで工事をしてもらうことから利用のための準備が始まります。先ほど述べたように安定しているとされている理由の1つとして電波受信時に回線を通して電波を受信しているため、電波への干渉が少ないのが安定の理由として挙げられます。

とは言え、その特徴を自宅でのインターネット接続に用いるためには、回線工事をしなければなりません。これから接続のために必要な契約やルーターの購入を考えている方の中には、接続のための工事をしたくないという方もいるのではないでしょうか。このような方には単体でインターネットへの接続が可能となるモバイルタイプのWi-Fiの検討をおすすめします。このタイプのWi-Fiの良い所はやはりインターネットを使えるようになるまでの流れが速いというところがあげられるでしょう。

したがって、工事が煩わしいのであれば、モバイルタイプのWi-Fiの選択を視野に入れてみてください。これとは反対に、使う場所が固定されている場合や、よくネットを使うという方には接続の状態の変化を気にしなくてもいいほどに安定しているとされる光回線の利用が適していると言えます。工事という手間はかかりますが、その分比較的安定した通信を望むことができるため、一度考えてみてはいかがでしょうか。

外でのスマートフォン使用にWi-Fi

光回線での通信の場合は、家での使用が頻繁である方におすすめできます。とは言え、そこまで頻繁には使わないが、外出先でインターネットに接続したいという方はモバイルタイプのWi-Fiを利用が合っているのではないでしょうか。通信会社からの電波の発信を無線で行うために何らかの干渉で通信速度が遅くなるなどの点はあるものの、電波受信の状況は一定でないにしろ持ち運んで外出先で使えるというのは光回線を用いた接続方法にはない大きなメリットだと言えます。

したがって、家よりも外での使用が多いという方にはこの方法の選択も視野に入れられます。ここで具体的にどんなシーンに外で使う必要があるのか疑問に思う方もいるでしょう。実際にどの接続方法にするのか考えやすくするためにも、具体的な例を挙げて考えてみましょう。まず外出先での使用例としてはスマートフォンでのインターネット接続がよく見られる例として紹介できます。

スマートフォンの使い方は人それぞれですが、外出先で誰かとのやり取りを頻繁に行っている方や、アプリを使う方も多く見受けられます。このような場合は決まった場所に限り使える光回線ではなくWi-Fiを持ち歩く方法が適していると言えます。また電波などの干渉で通信速度が変化することがあるとは言いましたが、動画を見ることや何かを検索するときなどの場合であれば問題なくインターネット接続可能なこともあります。外での使用がメインであるのならば、モバイルタイプのWi-Fiを選ぶのも接続方法の1つに選択できるでしょう。

まとめ

インターネットのつなぎ方には無線LANを使用した方法と有線LANでの接続の方法の2種類があります。しかし、それだけではなく、インターネットを利用可能にするために必要な電波を発信する会社も様々な種類があるため、購入の際にはこの点も意識して自分のインターネットの使用の仕方に沿って選ぶ必要があります。

紹介した光回線と持ち運べるタイプのWi-Fiとでは電波の送り方が大きく異なることが分かったのではないでしょうか。光回線のように回線を通して発信する方法と無線で発信する方法では、インターネット利用時の通信の状況が変わってきます。この場合、回線を通して発信することで外部からの干渉の可能性がすくなくなるため通信速度の安定が期待できるでしょう。

とは言え、モバイルタイプのWi-Fiは光回線のように配線工事が必要ないため、すぐにインターネットを利用できるようになるというのが大きなメリットと言えます。このようにそれぞれに利点があるためネットへの接続方法を考える際には、自分がどのようにして使うのか環境を考えながら適した方法を選ぶようにしましょう。